ダイエット・ハーブティーに含まれるキャンドルブッシュに要注意!

ハーブティーでダイエット

2017年7月13日

こんにちは、アンです。

ダイエット向けハーブティーによく含まれる成分の一つに「キャンドルブッシュ」という茶葉があります。

このキャンドルブッシュについて、調べたところ、ダイエットに期待できる「おなかスッキリ」効果が、実は注意すべき成分だった、ということなんです。

この注意情報は、独立行政法人「国民生活センター」が、2014年に発表したものです。

一体何が危険で、何に注意すれば良いのか、調べて見ました。

ダイエット向けハーブティーに含まれる「キャンドルブッシュ」の効果と副作用

キャンドルブッシュの作用は、おなかをスッキリさせてくれる便秘解消の効果が高く、ダイエット茶によく含まれています。

ダイエット向けハーブティーに含まれる「キャンドルブッシュ」の効果と副作用

様々な商品をみてみましたが、かなりのダイエット向けハーブティーの「主成分」として含まれていました。

そのくらい効果は高いということなんですね。

しかし、この便秘解消の作用が非常に強く、「お腹が痛くなってしまった」などの相談が相次いだそうです。

重症な場合には、下痢・腹痛等を伴う消化器障害の副作用が見られたとのことです。

そのため、独立行政法人「国民生活センター」が成分を調査し、注意喚起を出したということでした。

「キャンドルブッシュ」はどんな植物?

キャンドルブッシュは別名ゴールデンキャンドル、ハネセンナといい、健康茶等によく使用されているマメ科の植物です。

ダイエット向けハーブティーでは、便秘に良いとされていますが、ヒトでの有効性・安全性について十分なデータがない現状だそう。

このキャンドルブッシュは、医療用下剤の「センナ」と同じ属性の植物で、キャンドルブッシュにも下剤成分「センノシド」が含まれています。

ハーブティーとしての飲む際は、お湯で抽出するのが通常ですが、そのお茶の中にも下剤としての生理作用を及ぼす可能性のある量のセンノシドが含まれていた、ということなんです。

薬事法において「センノシド」成分自体を食品に添加することは禁止されていますが、ハーブティーのように、キャンドルブッシュの乾燥茶葉であれば、食品にもOKのため、今回の注意喚起が発生したようです。

「キャンドルブッシュ」の危険性と「国民生活センター」からの注意指示

独立行政法人「国民生活センター」が公開している資料では、市販品の15銘柄(無作為選抜)でのデータが詳しく記載されています。

独立行政法人「国民生活センター」サイト

引用元:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140123_1.html

気になる方はぜひ、一度確認されることをオススメします。

注意点を抜粋し、まとめてみました。

■下剤作用があるため、適切な摂取量を守らないといけない

下痢や腹痛等の副作用を示す可能性があるため、キャンドルブッシュは適切な摂取量を記載するよう求めらています。

■常用すると下剤作用が薄くなり、頼らないといけなくなる

連用による耐性増大等のため効果が減弱し、薬剤に頼りがちになることがあるので長期連用を避けること

■妊婦の摂取は非常に危険

センノシドが配合されている医薬品は、妊婦または妊娠している可能性のある婦人には原則禁忌となっています。

■キャンドルブッシュは医薬品の「センナ」と同じ作用

キャンドルブッシュはセンナとは異なるものの同属植物であり、センナと同様に下剤成分であるセンノシドが含まれています。そのため、セセンナと同様にセンノシドによる下剤作用を示すと考えられ、下痢や腹痛等の副作用を示す可能性もあることから、摂取の際には適切な量を守る等の十分な注意が必要です。そのため、医薬品の成分とは作用が異なるといった広告の表現は、消費者に事実を誤認させるおそれがあります。

引用元:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140123_1.pdf

キャンドルブッシュを含む健康茶に関する健康被害には、下痢・腹痛等を伴う消化器障害まで、報告されているそうで、かなりの注意が必要なんですね。

キャンドルブッシュの注意点、危険性まとめ

公開されている資料を見ると、キャンドルブッシュの注意点、危険性がよく解りました。

今のところ販売が規制されているわけでもありませんので、個人の判断で、飲用することは可能です(2017年7月現在)。

実は私、つい最近までこの「キャンドルブッシュ」が含まれたダイエットハーブティーを飲んでいたんですよね。

でも、この情報を知ってからは控えるようにし、他のダイエット・ハーブティーを選ぶようにしました。

私自信、「キャンドルブッシュ」が含まれたハーブティーを約2ヶ月ほど飲用しましたが、それほど「便秘解消」効果を実感しなかったんですよね。

そのハーブティーには「キャンドルブッシュ」がそれほど多く含まれていなかったのか、私の体質的なことなのかわかりませんが(かなりの便秘体質です)、幸い、お腹が痛くなる症状はありませんでした。

とはいえ、「便秘解消」効果を実感できなかったハーブティーですので、飲むのはやめ、今は別のハーブティーを飲んでいます。

今、愛飲しているのは「ルイボスティー」です。

ルイボスティーなら、ノンカフェインですし、便秘解消の作用に常用性もありませんので安心ですね。

※ルイボスティーのダイエット効果については、こちらで紹介しています。
ダイエットに人気のルイボスティーで「太らない身体」作り!

資料によると、キャンドルブッシュ(ハネセンナ)の食品への取扱いについて、食薬区分の見直しを検討されているそうなので、今は大丈夫なようですが、今後どのようになるかは不明です。

個人的な見解を言いますと、常用性もありますので、できれば「キャンドルブッシュ」が含まれていないダイエット・ハーブティーを選ぶことをオススメします。

<独立行政法人「国民生活センター」公開ページと資料>
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140123_1.html
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140123_1.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。