にがりが頭痛に効果的って本当?マグネシウムで片頭痛予防

安眠と休息のハーブ

2017年8月2日

こんにちは、アンです。

頭痛解消のサプリメントを試していた時に、そのサプリの中に「にがり」が含まれていることに気づきました。

実は私、別の理由で毎日「にがり」を摂取しています。。

その理由とは「便秘解消」、要するにダイエット目的です。

しかし、この痛みを和らげるサプリメントによると、にがりに含まれるミネラル「マグネシウム」が、頭痛にも効果的な作用がある、ということだったんです。

一般的にはダイエットに「にがり」はいいよ、というのはよく聞くんですが、頭痛にもよいとは本当なの?ということで調べてみました。

にがりの主なミネラル成分「マグネシウム」が頭痛解消に

豆腐を固めるのに利用される、「にがり」に含まれているメインの成分は「塩化マグネシウム」です。

にがりの主なミネラル成分「マグネシウム」が頭痛解消に

※こちらに、にがりの成分とダイエット効果についてご紹介していますので、よければ参考にしてください。
にがりはダイエットにいい?便秘解消の効果と注意点

私が今「にがり」の効果で実感しているのが、「便の水分が多くなり柔らかくなる、便秘解消になる」という部分です。

これは確かな効果があり、かなりの便秘だった私も、ここ数年は毎日よいお通じを体験しています。

この「マグネシウム」の効果効能に、収縮した筋肉をゆるめる働きというのがあり、この作用が片頭痛などを和らげたり、そもそもの頻度を抑えてくれたりするのです。

片頭痛のメカニズムとマグネシウムの効果

片頭痛の原因は今のところ明確ではありませんが、脳血管の収縮に関係しているというのが有力です。

こちらのお医者さんのブログにかなり詳しく解説されていましたが、「細胞のミトコンドリア」の働きに関係しているそうです。

引用⇒https://ameblo.jp/yoyamono/entry-11946221744.html

※ちょっと…いやかなり難しい内容でしたので(汗)・・・簡単に抜粋させて頂こうと思います。

マグネシウムイオンが不足すると細胞内小器官(ミトコンドリア)の働きが悪くなる

調整機能が壊れたミトコンドリアは死滅

細胞内のマグネシウムが著しく不足すると、カルシウムイオンを細胞外に排出するカルシウムポンプの調整機能が働かなくなり、筋肉は収縮状態(緊張した状態)が続く

マグネシウムイオンの減少はミトコンドリアの好気的代謝異常をきたして、神経細胞を興奮しやすくする

片頭痛の根本的原因として考えられているこれらの症状がおこる

(塩化マグネシウムは水に溶けるとマグネシウムイオンに分かれます)

このような流れで片頭痛が起こってしまいます。

体内のカルシウムが多すぎるとと筋肉が緊張(収縮)してしまうため、マグネシウムで調整する必要があるが、現代人はマグネシウムが足りていないということなんです。

にがりやサプリでマグネシウムを摂取して片頭痛とさよなら

マグネシウムを摂取するには、「マグネシウム原液」というものも販売されているようですので、それで必要量を摂取するのがもっとも簡単なようです。

そして、マグネシウムを多く含む食品が「にがり」というわけです。


赤穂化成海の深層水 天海のにがり 450ML

マグネシウムは便秘解消にいいし、女性の月経痛の予防にもよく、片頭痛にも効果的という、女性にとって必要不可欠な成分だったんですね!(もちろん、男性にも必要ですね)

そうそう、筋肉の緊張を和らげるマグネシウムは「むくみ」解消の手助けもしてくれます。

このマグネシウムを多く含む「にがり」は、飲みにくいのが難点で(にがい!)、実はにがりをやめて他の便秘解消法を探しているのですが、うん、にがりは続けようと思います。

にがりは危険!?などの情報も見かけましたが、私の調べたところでは、愛用している「天海のにがり」であれば、問題なさそうです。

あと、便秘だけでなく片頭痛持ちの私は、「ずきしらずの実」というハーブサプリメントも愛用しているのですが、このサプリには、痛み予防によいとされているハーブ「フィーバーヒュー」や「オオイタドリ」のほか、「にがり」成分も含まれています

※「フィーバーヒュー」と「オオイタドリ」の効果についてはこちらの記事で紹介しています。
頭痛解消の効果あり?天然ハーブ「フィーバーヒュー」や和漢植物

マグネシウムの過剰摂取については、注意する必要がありますが、汗とともに大量に排泄される成分のため、積極的に摂取しても大丈夫だと言えます。

もし、慢性的な編頭痛で悩んでいるなら、マグネシウム配合の頭痛予防サプリを試してみるのもオススメですよ。


「ずきしらずの実」の商品ページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。