やりすぎ顔マッサージに要注意!?天然オイルで毛穴ケア

自然派オーガニック化粧品

2017年7月24日

こんにちは、アンです。

毛穴ケアにオイル・マッサージをされるという方も多いと思いますが、エイジングケアにも顔のオイル・マッサージはすごく効果的ですね。

だた、オイル・マッサージは「やり過ぎ」による肌トラブルもあり、逆効果になってしまうこともあるようです。

せっかくのエイジングケアですので、正しい方法の天然オイルでの顔マッサージで、ぜひ、健康的な美肌作りをしてくださいね。

顔のオイル・マッサージの注意点

まずは、重要なポイントである注意点からご紹介したいと思います。

  • オイルマッサージは週1~2回程度まで
  • 肌を強く擦らない
  • 肌質に合ったオイルを使う

一番多いトラブルは、毛穴の汚れを取りたいために、ゴシゴシと強めにマッサージをしてしまうことが原因のようです。

滑らかなオイルを使っているとはいえ、肌に摩擦をかけてしまうとダメージを受けてしまいます。

また、せっかく浮いた毛穴の汚れが、念入りに強めにマッサージことで擦り付けられて、逆効果になることも。

さらに、顔のマッサージを「毎日」行うこともNGです。

週1~2回程度にしないと肌への負担が大きすぎるので、注意してください。

顔のオイル・マッサージの美肌効果とは

オイルで顔のマッサージをすることで、皮脂の分泌量を高めるという美肌効果があります。

また、リンパへの刺激により血流を促し、老廃物を流し出すことで、肌のくすみやむくみが解消されるというのも、メリットの一つです。

ついでに、毛穴の汚れも浮き出して、キレイにできるのですね。

皮脂の分泌が活発になれば、老化で減ってしまった皮脂を増やすことができ、また肌の新陳代謝が良くなることで、健康的な肌になるというエイジングケアができます。

顔のオイル・マッサージのポイントとコツ

マッサージ用のオイルは、自分の肌に合ったオイルを選ぶことが大切です。

肌に優しく人気が高いホホバオイルやローズヒップオイル、またオリーブオイルなど一般な化粧品に利用されているような、植物オイルを選ぶのが良いと思います。

肌への安心感を求めるなら、オーガニックオイルや天然由来の植物オイルがオススメですね。

ただ、オーガニックオイルは、植物の種類によって肌への刺激が強すぎたたりしますので、トラブル回避のためにも注意してくださいね。

また、アロマ精油をオイルに1滴垂らしてマッサージを行うことも効果的ですが、精油も種類によっては肌への刺激が強いものがあります。

マッサージをする時は、オイルをたっぷりと使用し、中指や薬指の腹を使って滑らせるようにやさしく行ってください。

なお、1回のマッサージは5~10分以内で行うようにしましょう。

顔マッサージのやり方とオイルの選び方

オイルマッサージの前に、温タオルで蒸らすと毛穴が開いて効果的です。

まぶたからおでこのマッサージ

オイル顔マッサージ方法

目の周りのマッサージ

オイル顔マッサージ方法

鼻筋からほうれい線のマッサージ

オイル顔マッサージ方法

ほおのマッサージ

オイル顔マッサージ方法

最後に、あごから首あたりにかけてマッサージすると、小顔効果が上がりますね。

特に目の周りは皮膚が薄いですので、やさしくマッサージしてあげてくださいね。

マッサージが終わったら、洗顔でオイルを洗い流した後、化粧水で引き締めます。

オイルの保湿を残したい場合は、温タオルで軽く押さて余分な油分をとるだけでもOKですよ。

もし、顔マッサージに、どのオーガニックオイルを選べばいいのかわからない場合は、コスメショップなどで取り扱われている美容オイルを選ぶとよいと良いと思います。

滑りがよくマッサージに最適な初心者向け定番オイル「ホホバオイル・オーガニック」
を見る

ショップによっては、ホームページに「顔マッサージのやり方」や注意点など、専門的な情報がしっかり掲載されていますので、そういったものを活用して、効果的なオイル顔マッサージを試してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。