化粧品の天然オイルの役割は?油脂が肌の皮脂バランスを整える

自然派オーガニック化粧品

2017年7月27日

こんにちは、アンです。

スキンケアなどの化粧品に含まれる天然オイルの役割は、香りや有効成分の利用目的の精油と、保湿目的の油脂があります。

前回、化粧品に含まれる精油についてご紹介しましたので、今回は「保湿目的の油脂」についてお話ししたいと思います。

※前回の記事
オーガニックコスメや自然派化粧品に含まれる「植物油」の役割とは

化粧品に含まれる保湿成分の天然オイルとは?

化粧品に使われている天然オイルには、植物由来や動物由来のオイルがあります。

「ツバキ油」
「オリーブ油」
「ユズ種子油」
「米ぬか油」
「馬油」

他にもホホバオイル、アーモンドオイル、シアバター、アルガノンオイルなど様々な天然オイルがありますね。

なお、鉱物油である石油は、化学合成した化粧品成分の原材料として利用されますので、天然オイルではなくケミカル成分として扱われます。

また、化粧品に使われるオイルは「食用オイル」とは、精製方法などが違い、肌につける美容オイルは、食用オイルよりも高精度で作られています。

そのため、食用オイルをスキンケアに使用することはありません。

天然オイルは自然の植物や動物からとれた油脂で、有機栽培(オーガニック栽培)で育てられた植物からとられたオイルはオーガニックオイルと呼ばれ、より安心感のある美容オイルとして人気です。

天然オイルのスキンケアの種類・使い方

天然オイルは様々なスキンケアに利用することができます。

・クレンジングオイル
・美容液オイル
・マッサージオイル
・ヘアケアのオイル

他にも、ハンドケアやリップケア、爪のケアなど身体のあらゆる箇所で、保湿目的のスキンケアとして使われていますね。

市販のスキンケアでは、自然派化粧品として他の美容成分と共に配合されたものや、天然オイルだけのスキンケア商品や、マッサージのベースオイルもありますね。

実際に私も、天然美容オイルをボディケアやヘアケアに使用していますが、余計な成分が含まれておらず、程よい保湿やツヤを出してくれているので、かなりお気に入りです。

天然オイルの美肌効果とは

天然オイルは保湿力が一番の魅力ですが、そのほかの有効成分も含まれており、それぞれに特徴があります。

例に出してご紹介しますね。

ツバキ油

ツバキ油の主成分はオレイン酸のトリグリセライドであるため、皮膚に対してなじみやすく穏やかに働きかけます。油の中ではオリーブオイル以上に安定性が高いので、いつも御側に置いてご使用頂ける 油分補給と言うことが出来ます。

引用:maitsubaki.com/con1.html

オリーブ油

オリーブ油は悪玉(LDL)コレステロールを減らし、動脈硬化や心疾患を予防するといわれるオレイン酸を多く含んでいます。植物性スクワランやビタミンEなどの有効成分も含んでおり、直接肌に塗ることで美肌効果も期待できます。

引用:www.wakasanohimitsu.jp/seibun/olive-oil/

ユズ種子油

ユズ種子エキスは濃度依存的にメラニン生成抑制作用を示し,美白作用を有することが判明しました。
また、皮膚構成成分の分解酵素遺伝子発現を抑制することにより,皮膚の構成成分を保護し,皮膚のバリアー機能や保湿性や弾力性などを維持することができると考えられます。

引用:www.oryza.co.jp/product/detail/yuzu_seed_extract_koka

米ぬか油

油以外の微量成分でこめ油に多く含まれています。主な成分はオリザノールとトコフェロールで、オリザノールは人の健康に有効な成分で抗酸化作用や防かび作用もあることから、薬品や健康食品、天然食品添加物として利用されています。

引用:www.sanwa-yushi.co.jp/ricebranoil.html

馬油

人間にとって最も優れたスキンケア成分である皮脂(角質層の細胞間脂質)にもっとも近い成分の自然な油脂であることです。
肌の細胞間にある脂質の主成分はセラミドで肌のキメを整え、潤いを保ち、外部からのあらゆる刺激から肌の内部の組織を守る大切な役割を果たしています。
馬油はお肌との相性が非常に良く、馬セラミドが肌の角質層まで浸透し不足する脂質を補いお肌を健やかに保ちます。

引用:www.neo-natural.com/bayu.htm

このように、保湿力に優れているだけでなく、ビタミンや美肌成分が肌に浸透するのが、天然美容液オイルのメリットですね。

美容オイルはべたつかないの?油性肌が使っても大丈夫?

オイルクレンジングや美容液オイルはベタつきそう、という印象がありますが、そんなことはありません

天然オイルは種類によって保湿力や美肌成分が異なりますし、オイルの質感も違います。

中にはかなりサラッとしたオイルもありますので、油性肌から乾燥肌まで使うことができます。

特に乾燥肌の方は、皮膚の皮脂が足りない状態ですので、肌の皮脂分のバランスを整えてくれる天然オイルのスキンケアがオススメなんです。

丁寧に精製された高品質な天然オイルは、ベタつくこともなく、肌にすっと馴染んでくれて、しっかり保湿してくれるので、皮脂の量が減ってしまった40代、50代など老化が気になる年齢肌に最適といえます。

天然オイル美容液はアンチエイジング・スキンケアにも効果的

自然派化粧品には保湿成分として、天然オイルを使用しているスキンケアが多いのには、原材料の入手しやすさや原料費がお手頃であるのも理由の一つだと言えます。

もちろん、原材料の選定や精製方法をより高精度にしたり、他の美肌成分とのバランスを考えられた配合で、丁寧に作りこまれた天然オイル化粧品は、肌に優しいだけでなく、美肌効果がかなり高いです。

使いやすく人気の高いDHCのバージンオリーブオイル石鹸や美容液など、馴染みのある化粧品も多いですね。

私も二層式コスメで評価の高い「coyori(コヨリ)」という天然成分配合のオイル美容液を愛用していますが、保湿しっかりなのにサラっとしてて良いんですよ!

40代の小じわが…!【体験レビュー(2)】和漢植物エキス配合美容液オイルCoyori(コヨリ)を使ってみました

今回紹介した「ツバキ油」「オリーブ油」「ユズ種子油」「米ぬか油」が、バランスよく全て含まれています。

天然オイルの美容液は、化粧水後に使えばそれだけで保湿ケアも十分で、実は、面倒くさがりの私にもかなり使いやすかったりします(笑)

※「ツバキ油」「オリーブ油」「ユズ種子油」「米ぬか油」配合の美容液オイルCoyori(コヨリ)ってどんなオイル?

40代の小じわが…!【体験レビュー(2)】天然オイル配合の美容液Coyori(コヨリ)を使ってみました。

年齢による乾燥肌に悩んでいるなら、肌の皮脂バランスを整えてくれる肌に安心の天然オイルを取り入れたアンチエイジング・スキンケアがオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。