オーガニックコスメや自然派化粧品に含まれる「植物油」の役割とは

自然派オーガニック化粧品

2017年6月18日

こんにちは、アンです。

自然派化粧品に含まれる天然成分の一つに「植物油(オイル)」があります。

植物油は植物由来の油のことで「椿油」など有名なものも多く、なんとなく「保湿」かなと思っていましたが、その他にも種類がたくさんありますよね。

そこで、前回の「植物エキス」に続き、「植物の油」の効果やその役割についても調べてみたいと思います。

※前回の記事
自然派化粧品の天然成分や植物エキスって本当に美肌効果があるの?

化粧品に含まれる植物由来の油は、「精油(エッセンシャルオイル)」か「油脂」成分

自然派化粧品の化粧水や美容液に記載されている成分に、植物由来の油を意味する「植物名+油」をよくみかけます。

例えば、

「ラベンダー油」
「カニナバラ果実油」
「オリーブ果実油」
「ホホバ油」

などです。

今まであまり気にせずにいましたが、よくよく考えると、「オリーブ果実油」って料理に使うオリーブオイルのことでしょうか?

じゃあ、「ラベンダー油」ってめっちゃ高そうですよね・・・とか。

調べて見ると、含まれる成分の「植物名+油」はその植物を原料として抽出された油で、香りを抽出した「精油」や、保湿などの目的の「油脂」があるようです。

「ラベンダー油」や「カニナバラ果実油」なんかは「精油」で、油としての利用ではなく、その香りの効果のほか、有効な美肌作用のために配合されています。

「オリーブ果実油」の他、「ダイズ油」や「シアバター」などは「油脂」で、油の膜で皮膚を保護そたり、水分の蒸発を防いだり、肌を柔らかくすることが目的のものが多いということでした。

化粧品の成分は、量が多いものから順に記載されています。

例えば、成分が「水、オリーブ果実油、・・・」とあれば、オリーブ果実油の配分量が多く、メインの保湿成分であることがわかりますね。

あと要注意なのは、化粧品に含まれる「精油(エッセンシャルオイル)」はすごく優秀で効果も高いのすが、その分、刺激などのリスクも高くなってしまうため、「配合1%以下が原則」なんだそうです。

そのため、「精油」はできるだけ少ないものを選ぶのが無難だそう。

参考ページ:
ameblo.jp/rik01194/entry-11966657256.html
cosme-science.jp/3000cosmetics/3030cosme-materials/3030a.html
ameblo.jp/rik01194/entry-11997365176.html

「精油(エッセンシャルオイル)」の効果とは

ではこの、美肌効果が期待できる「精油」はどんな作用があるのでしょうか。

少し例を挙げてみたいと思います。

ラベンダー油

抗炎症、鎮痛、消毒作用などにより、軽い火傷の応急手当に効果があり、痛みが治まり、傷跡が残りにくく回復します。また、ニキビや傷などを早く治す効果があります。


引用:aroma-guide.net/essential/lavender.html

カニナバラ果実油(ローズヒップ油)

主成分であるリノール酸やリノレン酸による細胞組織の活性化が期待されており、日焼けや色素沈着の沈静化や水分保持、加齢による皮膚の老化の抑制など総合的な美容効果があるとされていますが、現時点では感触調整目的や美容効果の補助としてスキンケア製品に使われ始めています。
また、刺激性や毒性はほとんどなく、副作用やアレルギーの報告もないので安全性の高い成分。


引用:cosmetic-ingredients.org/base/カニナバラ果実油(ローズヒップ油)の効果/

ハッカ油

リラックス効果も高いことから、炎症を沈静させる目的で用いられ、かゆみ止めなどの医薬品、アロマなど幅広い分野においても多く使われています。さらに、殺菌や防虫にも効果的であるとされ、虫除けや抗菌剤などにも利用されています。また、高い消臭効果も期待でき、消臭剤としても用いられています。


引用:www.skincare-univ.com/article/019723/

このように、香りの効果が高く、さらに沈痛や殺菌などまるで薬のような作用もあります。

効果が強い代わりにリスクも高いということなんですね。

天然成分は「植物エキス」と「精油(エッセンシャルオイル)」と「油脂」がある

こうやって調べて見ると、一言で「自然派化粧品」といっても、一概に安心、良いもだと言えないことが解ったような気がします。

自然派化粧品やオーガニックコスメに含まれる天然成分について、まとめるとこのようになります。

  • 「植物エキス」はリスクが低い代わりに効果も薄いが、効果が期待できるものも
  • 「植物油:精油(エッセンシャルオイル)」は効果が高い代わりにリスクも高いので、少し慎重に
  • 「植物油:油脂」は皮膚の保護などがメインなので、美容効果よりは保湿が目的

今回、すごく調べてみたんですが、正直なところ利用者が判断するのは、難しかったです。

でも、調べて見ることでより自然派化粧品やオーガニックコスメの良さ、そして注意点がはっきり解って良かったと思います。

肌に直接付けるものが化粧品なのですから、しっかりとその効果や安全性を知り、自分にあったものを探すことが、美肌の第一歩なんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。